モン族の住むドイプイ(Doi Pui)村

おそらくチェンマイで一番有名な寺、ドイステープ(Doi Suthep)から更に山を登ったところにあるドイプイ(Doi Pui)村は、モン族が住んでいる小さな集落です。
モン族といえば、カラフルな刺繍。タイを旅したことがあれば、一度は目にしたことがあると思われます。

チェンマイ市街からドイプイへの行き方は、ソンテウのチャーターか、レンタルバイクで行くのが一般的。
ソンテウをチャーターせずに行く場合、チャーンプアック門やチェンマイ大学、チェンマイ動物園などから出ているドイステープ行きのソンテウに乗ってドイステープまで行き、そこからドイプイ行きのソンテウに乗ると行けます。

※コヤニスカッティゲストハウスでもドイプイツアーやってます。

ドイプイ村は、ショップがたくさんあります。
ワロロット市場の裏にあるモン族のショップなんかに比べると安く買うことができますので、ドイプイで購入するのがオススメです。

さて、村の奥に入っていく場合、入村料10Bが必要ですが、迷わず入村しましょう。
この先に庭園や絶景カフェがあります。

絶景カフェは、村で作っているたいへんおいしいコーヒーを飲むことができます。

まだあまり知られていないドイプイ村は、観光客も少なく、超オススメスポットです。